太宰治記念館「斜陽館」|津軽三味線会館【かなぎ元気倶楽部】
太宰治記念館「斜陽館」Facebookページ 津軽三味線会館Facebookページ 喫茶店「駅舎」Facebookページ かなぎ元気村「かだるべぇ」Facebookページ 奥津軽トレイル倶楽部Facebookページ 太宰ミュージアムFacebookページ dazaimuseummixiページ
津軽三味線全日本金木大会 青森金木昔暮らし 奥津軽トレイル倶楽部 奥津軽駅発広域観光コース開発事業で提案した5種類のテーマ別マップをダウンロードできます 津軽三味線散歩〜顕彰物語〜 太宰治生誕の地かなぎ文学散歩

「開館時間」変更
「津軽三味線生演奏時間」追加のお知らせ

変更実施日 2019年4月1日(月)〜

太宰治記念館「斜陽館」 開館時間変更

 
 4月〜 9月 9:00〜17:30
        (最終入館17:00)
10月〜 3月 9:00〜17:00
        (最終入館16:30)

津軽三味線会館 開館時間変更

 
 通   年  9:00〜17:00

津軽三味線会館での「津軽三味線生演奏」

2019年4月1日からの演奏時間
・12月〜3月の期間で、12:00〜12:20が追加されます。
10:00〜10:20 (※4月〜11月のみ)
11:00〜11:20 
12:00〜12:20 (※12月〜3月のみ)
13:00〜13:20 
14:00〜14:20 
15:00〜15:20 
15:40〜16:00 (※8月4日〜8日のみ)

お問合せ 特定非営利活動法人かなぎ元気倶楽部
     TEL:0173−54−1616

太宰治記念館「斜陽館」特別展

太宰治記念館「斜陽館」特別展
太宰治記念館「斜陽館」米蔵特別展

太宰治〜語りの文学〜

「申し上げます。申し上げます。」、緊迫したユダの語りで知られる『駈込み訴へ』、そして『燈籠』『女生徒』『おさん』などの女性による独白体の小説は、太宰中期から後期にかけて執筆された作品です。朗読を聴いているような感覚、一人芝居の舞台を観ているような感覚 ― 人の世の、心を描いた語りの文学。

期間
2019年4月1日(月)〜2020年3月22日(日)
会場 太宰治記念館「斜陽館」

お問合せ
太宰治記念館「斜陽館」 TEL:0173-53-2020


「太宰治への伝言」ショートムービー

〜斜陽館と金木の町を舞台にした家族・絆の物語〜
「太宰治への伝言」映像制作

上映中

会場 太宰治記念館「斜陽館」米蔵
     (太宰治記念館入館料のみでご覧いただけます)
平成30年1月1日から、「太宰治への伝言」ショートムービー3作品の上映が始まりました。
「太宰治への伝言」脚本・監督 是川詩乃
「ニンゲン、シッカク」脚本 船渡高 監督 片山慎三
「斜陽のこころ」脚本・監督 浅川徳義
1作品10分ほどです。
みなさまのご来館をお待ちしております。

予告編  予告編 太宰ミュージアムショートムービー

斜陽のこころ

作   者 浅川徳義(アサカワノリヨシ)神奈川県横浜市
脚本・監督 浅川 徳義
撮影 場所 津軽鉄道・斜陽館
撮影 時期 2017年9月初旬
キャスト  寺沢節子役 木下 瑠音(キノシタ ルネ)
      吉川弘也役 石田 法嗣(イシダ ホウシ)

ニンゲン、シッカク

作   者 船渡高(フナトタカシ)東京都板橋区
脚   本 船渡 高
監   督 片山 慎三
撮影 場所 旧津島家新座敷、雲祥寺、津軽鉄道金木駅
撮影 時期 2017年7月初旬
アニメーション制作 日本工学院専門学校 クリエイターズカレッジ
背景 撮影 モトヤマスタジオ・元山一(モトヤマハジメ)
キャスト  嘉瀬役  岩谷健司(イワヤケンジ)
      治役   大西利空(オオニシリク)
      まゆ子役 佐藤玖美(サトウクミ)
      少年役  横山陽紀(ヨコヤマハルキ)
      親子役  鳴海翔(ナルミショウ)
      親子役  芦田史(アシタフミト)

太宰治への伝言

作   者 是川詩乃(コレカワシノ)青森県青森市
脚本・監督 是川 詩乃
撮影 場所 芦野公園、赤い屋根の喫茶店「駅舎」、斜陽館
撮影 時期 2017年9月初旬
キャスト  アキ役  奥田 由美(オクダ ユミ)
      マリ役  三輪 晴香(ミワ ハルカ)
      ユリ子役 長尾真紀子(ナガオマキコ)

お問合せ
特定非営利活動法人かなぎ元気倶楽部
TEL:0173-54-1616


かなぎ元気倶楽部 NPO法人かなぎ元気倶楽部
事務局
〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山189-3
TEL:0173-54-1616 FAX:0173-54-1023
MAIL:info[AT]kanagi-gc.net
●このホームページは青い森ファンドの助成事業で作成しました。