太宰治記念館「斜陽館」

新型コロナウイルス感染拡大による
「営業時間変更」について

新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、お客様と従業員の健康と安全確保のため、太宰治記念館「斜陽館」・津軽三味線会館では下記の通り営業時間を変更させていただきます。

お客さまには大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

変更実施日 2021年6月1日(火)〜11月30日(火)

太宰治記念館「斜陽館」 営業時間変更

 9:00〜16:30
        (最終入館16:00)

津軽三味線会館 営業時間変更

 9:00〜16:00

お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、再開にあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の点にご理解とご協力をお願いいたします。

期間 当面の間

太宰治記念館「斜陽館」
・マスクの着用をお願いいたします。
・入館券をお買い求めの際は、所定の位置で順番にお待ちいただくようお願いします。
・ご入館の際に、検温を実施いたしますのでご協力をお願いします。
(37.5度以上の熱があるお客様や、咳など風邪の症状や体調不良等が見受けられるお客様は、ご来館をお控えいただきますようお願いします。スタッフからお声掛けし、ご退出をお願いする場合もございますので、予めご了承ください。)
・入口付近には消毒液を設置、各洗面所には液体石鹸を設置いたしますので、ご利用ください。
・観覧時には、他のお客様と距離を保つようご協力ください。会話はできるだけお控えくださいますようお願いします。
・展示室内が過度に混み合わないよう、入場制限を行う場合があります。

お問合せ 特定非営利活動法人かなぎ元気倶楽部
     TEL:0173−54−1616

小説「津軽」
 津軽平野のほぼ中央に位し、人口五、六千の、これという特徴もないが、 どこやら都会風にちょっと気取った町である。善く言えば、水のように淡白であり、悪く言えば、 底の浅い見栄坊の町という事になっているようである。・・・

2019年6月19日、太宰治は生誕110年を迎えます。 世界の読者に支えられ、いまも太宰が生活していたころの生家を現在にとどめることができております。今後も知的好奇心を持てるように建物の保存や展示展開を進めていきます。

館内では蔵を利用した資料展示室やビデオ作品を鑑賞することができます。

入館料/団体割引は20名様以上

2020年4月1日から
◆単券/太宰治記念館「斜陽館」のみ
一般高・大学生小・中学生
個人600円400円250円
団体500円300円200円
◆共通券/太宰治記念館「斜陽館」+津軽三味線会館
一般高・大学生小・中学生
個人1000円600円400円
団体900円500円300円

◆開館時間
2019年4月から
・4月〜 9月/9:00〜17:30(最終入館17:00)
・10月〜3月/9:00〜17:00(最終入館16:30)
・休館日/12月29日

太宰治記念館住所 太宰治記念館「斜陽館」
〒037-0202 青森県五所川原市金木町朝日山412-1
TEL:0173-53-2020 FAX:0173-53-2055
MAIL:dazai[AT]kanagi-gc.net

大きな地図で見る

太宰治の暮らした疎開の家

新座敷

旧津島家離れ屋敷「新座敷」
太宰治の暮らした疎開の家。作家となった後の太宰が居宅としていた建物です。唯一現存する貴重な邸宅が金木町にあります。 「新座敷」はこちら!